みなさんこんにちはあっちです

今日は、私もホノルルフェスティバル・マウイに行かせていただいたので
そのときに想ったことを書きたいと思います。




ハレアカラから見た大地は
とてもなつかしく、
とても強く
とても潔く


SH3F0159.jpg



目と同じ高さの雲たち


空と雲と
海と砂と山と


SH3F0181.jpg




全部が一緒になって


ここがどこなのか


空で、雲で
大地に立っていて、




ちきゅう。






あお の世界でした。







美しくて


自然が美しくて

涙が出ました。



ただの一人の人間であること

ただの一つの動物、

小さな一つの命であることが

単純にうれしかったんです。


SH3F0344.jpg


ただ一つの動物として


生かされていること



それがすごくありがたいことで

うれしいことで





地球を


美しい地球を

紡いでいきたい



そうおもいました。



IZANAIでの
すべての仕事が
すべての踊りが

そのために在って


そうして生きていきたいと



この美しい地球で

動物も 花も木も

鳥も魚も

人という動物も


よろこびの中でいきられるように


ずっとそうであるように






飛行機が着陸して

地面について



歩きだして



今 です。





走って走って走って


すべてがIZANAI、と
ただここで呼吸をしているそれだけでIZANAIと


そういう生き方ができるように

そういう人間で在るように


そうしていきたいです。






今 ここに在ることに感謝して。




ありがとうございます


スポンサーサイト
MENU
スタジオの料金システム、地図などご覧いただけます。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ